• HOME
  • よくあるご質問

よくあるご質問

大規模修繕工事とは?
一般的には、建物の周囲(全面)に足場を組み、主に建物外部面(共用部)の修繕や改修を行なう工事とされています。
音や臭いは?

技術の進歩により、昔に比べ随分改善されてきましたが、工事現場では避けられない現象です。出来る限り低騒音、低臭タイプのものを使うようにしていますが、個人差がありますので、我慢出来ないような時には、自主的な避難をお願い致します(誠に申し訳ありません)。

音の大きい作業
→ 足場組立・解体(レッカー車、アンカー打ち)、高圧洗浄機のエンジン音、タイルやコンクリートの補修、他
臭いのでるもの
→ 排水溝等のウレタン防水材、床シート張り用の接着剤、鉄部の塗料、他
足場があると防犯上無用心
足場の1段目はよじ登り難い様に柵で囲い、工事用の昇降口は施錠致します(夜間、休日のみ)。しかし、悪意で意図的に上る者は防止出来ませんので、常にドアや窓の鍵掛けを心がけて下さい。
足場が出来たら暗く、風通しも悪いのでは?
足場全面に飛散・転落防止用のメッシュシートを張りますので、多少暗くなり、通気性もダウンします。
消防庁防炎規格2類合格品で、飛散防止や安全上必要な強度を有する物を使用しています。
敷地外へ移動対象の駐車区画ですが、夜間は駐車出来ますか?
外壁周囲の足場が建つ区画は、昼夜共駐車出来ません。足場組立・解体等、一定の作業期間のみ移動が必要な区画もあります。また、予め取り決めた駐車区画以外で一時的に駐車可能なスペースがあっても、他の車にご迷惑が及ぶ可能性がございますので、原則として駐車禁止と致します。
建物内駐車場に停めてて、車の移動はしなくて良い区画ですが、汚れませんか?
高圧水洗浄などの作業を行なう場合には、細かい粉塵や水飛沫等が多少飛散し付着することもありますので、予めご了承下さい。塗装工事は全てローラー、又は刷毛塗りとしており、飛び散る事は少ないと思いますが、念の為、近くのお車にはビニールシート等カバーを掛けさせて頂く場合があります。
カバー掛けはお断わり無く行ないますので、予めご了承下さい。
バルコニーの片付けは、いつすればいいですか?
バルコニーへ入れる状態になれば、随時床・壁・天井全ての面の工事を行ないますので、原則としてバルコニー側の足場を組建て始めるまでに、全てものを片付けて頂く必要があります。
バルコニーが複数あって、荷物が多いのですが・・・
高圧洗浄を除けば、原則として作業時期を分けることも出来ますので、作業の無い方には仮置きも出来ます。詳しくは現場監督へお尋ね下さい。
バルコニーの物を廊下に仮置きできますか?
廊下側の工事もありますので、その支障にならない範囲で置くことは出来ますが、共用部になりますので、管理組合としてのご判断(決議)が必要になります。また、盗難等の紛失にあっては、自己責任となります。
バルコニーに物置を置いたままでは駄目ですか?
原則として撤去して頂く必要があります。中・大型の物置は解体などが必要となり、そのままにされていた場合有償となります。小型で空の状態であれば室外機と同様に置いておかれても差し支えありませんが、事案毎に判断が分かれますので、現場監督までご相談下さい。
BS・CS等テレビアンテナ類は、そのままで使えますか?
手摺等に固定してあるものは、原則取り外して、室内等で保管して下さい。
→ 足場全面にメッシュシートを張りますので、視聴出来なくなります。足場外側への付け替え等は、ケーブル延長・映像調整など専門業者へ依頼致しますので別途有償となります。
バルコニーは使えますか?また、洗濯物や布団は干せますか?
使える時期と、そうでない時期があります。壁・天井の塗装と、床の工事をする期間は、昼夜共外に出られません(約2週間程度)。洗濯物等が干せるか否かについては、工事用の掲示板でお知らせ致します。止むを得ず干す場合には、必ずご在宅下さい。
個人で床にシートを貼っています(のり付け)が、除けてもらえますか?
バルコニー床は、下地の点検補修を行ない、新しくシートを貼りますので、工事開始までに個人の所有物は個人的に撤去して頂くことになります。撤去工事は当社でも対応可能ですが有償となります。
エアコン室外機の片付けは必要ですか?
原則として、今のままで結構です。軽微な仮移動は当社で行います。
ただし、冷媒配管を切り離さないと室外機の移動が出来ない場合は、各ご家庭の責任において動かせる状態にして頂くことになります。弊社で冷媒配管を切り離す場合は、復旧までを含めて有償となります。また、切り離し期間中の代用品については、各ご家庭で準備して頂く事になります。
エアコンは使えますか?
室外機の冷媒配管を切り離さない場合は、使用出来る様に致します。
ただし、エアコンドレン排水が施工上支障となる場合は、一時的に止めて頂くことがあります。
網戸は今のままでいいですか?
窓際の修繕工事が出来ませんので、皆様方で取り外し、宅内で保管して下さい。取り外しや復旧の時期は、工事用掲示板でお知らせ致します。
外壁外側から外せない窓は、足場組立後にお手伝い致しますが、保管は宅内でお願い致します(窓の内側から取り外す構造の場合は、ご在宅が必要になります)。
窓の面格子は工事に支障がありますか?
網戸と同様に取り外しが必要です。取り外しは当社で行ないます。その期間中は安全面(防犯、墜落等)に十分ご注意願います。窓の施錠も常に心掛けるようにお願い致します。
ハト避けネットはどうすればいいですか?
バルコニー内の床・壁・天井の下地調査、クラック・浮き補修及び仕上げ工事が出来ません。工事に支障がある為、原則撤去して頂いています。ネット取外し復旧を当社にご依頼される場合は、有償となります。新規取替えor既存再利用、方法手段など、ご相談に応じます。
火災時などの緊急時には、どうすればいいですか?
緊急時の避難等は、通常通り(決められた)の方法でお願いします。玄関や窓に養生ビニルシートを張ってある時期がありますが、それらは手で簡単に剥がしたり破ったりすることが出来ます。
※足場は危険ですので、足場への乗り移り・避難は、絶対しないようにお願い致します。
工事関係者と、そうでない人の見分け方は?

専用のベスト着用とロゴマークステッカーを貼ったヘルメットの着用を徹底します。(鳶、誘導員については除く。)

工事関係者に伝えたいことがあるときは、どうしたらいいのですか?
1階のホール(工事用掲示板の近く)に連絡用のポストを設置しますので、ご意見と、お名前、室番号、連絡先(電話番号)等ご記入のうえ投函して下さい。現場監督が回収して対応致します。お急ぎの場合は、現場監督へ直接お伝え下さい。
(※工事現場での指揮・監督権の責任者は現場監督です。)
その他

建物1階の通路、駐車場、駐輪場内の壁・天井の塗装工事を行う場合、使用及び通行を制限させて頂くことがあります。掲示板、現地標識等に従い、指定する場所・時間帯の通行をお控え下さい。また、日中の空いている駐車区画においては、工事用車両を停めさせて頂く事があります。ご帰宅の際は直ぐに入れ替えを行いますので、現場常駐担当者へ御連絡下さい。(現場担当者の携帯電話番号など緊急時連絡先は、着工前に掲示いたします)

工事用の電気・水道は、共用部より直接又は分岐して、無償で使用させて頂く様になっております。

工事に際し、敷地内の空きスペースを利用させて頂きます。

工事中は何かとご迷惑をおかけすると思いますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

専用庭・花壇の植栽は、足場組立に支障がある場合、伐採させて頂く事があります。
出来る限り植栽を避けて組み立てる様に配慮致しますが、基本1.8m間隔の為どうしても避けられない物があります。大切な植栽は事前に移植をお願い致します。

ハト避けネットや敷物等でバルコニー内の工事が出来ない場合は、工期内に完了出来なくなる恐れがあります。

工事期間中は、それまでの日常と違う環境になります。
マンション敷地内と言えども、車両の出入、洗濯物の外気干し、廊下・階段の通行など十分にご注意下さい。